CEOメッセージ

今年度より新中期経営計画が始まります。

今回は「共創」をスローガンに電子コミックとヘルスケアを重点事業として成長を追求していきます。とりわけヘルスケア事業では、新たに介護領域に進出し事業創出を図ろうとしています。皆様もご存じのとおり日本は急速に高齢化が進んでおり、2025年には国民の3人に1人が65歳以上の高齢者になると予想されています。一方で介護する職員も高齢化しており、2025年には約40万人の介護職員が不足すると言われています。このような諸問題を解決するためにITを活用しようという機運が高まっており、我々もそこにビジネスチャンスがあると考えています。


しかしながら、日本社会が直面するこの大きな問題はITだけで解決できるものではありません。ましてや当社だけで変えられるものでもありません。それでも、私たちは先進的な技術を持つベンチャー企業と協力して新たなサービスを創出し、介護事業者とも一緒になって取り組んでいきます。もちろん企業ですから「利益の追求」が第一ですが、それだけを求めるものではありません。私たちの技術とノウハウを生かし、関係企業だけでなく行政や地域とも協力して、よりよき社会の実現に貢献することが、私たちの役割だと考えています。
そういう意味も込めて「共創」を掲げました。

インフォコムグループは「共創」を推進し社会に貢献します。

代表取締役社長 CEO

竹原 教博