インフォコム、WebRTC Conference Japanに出展
~ リアルタイム・コミュニケーション技術のオープン標準「WebRTC」をテーマとした日本初のカンファレンスにプラチナスポンサーとして参加 ~

PDF版はこちらから(PDF:212KB)

 インフォコム株式会社(東京都渋谷区 以下インフォコム)では、2015年2月5日(木)~2月6日(金)に開催される、「WebRTC Conference Japan」にプラチナスポンサーとして参加します。

 インフォコムでは、早くからWeb上でリアルタイム・コミュニケーションを実現するためのオープン標準であるWebRTC(注1)に注目し、研究、並びに、イントラネット/インターネットでの実践ノウハウの蓄積を行っています。
すでに社内の他拠点間のミーティングや、社内イベントの配信などで利用しており、自社のプロダクト/サービスへの組み込みと活用を進めています。

 また、WebRTCを取り巻くコミュニティーの活性化を図るため、Webサイトでの調査内容の公開、あるいは技術系コミュニティの勉強会等のイベントでの、実践ノウハウの発表などを積極的に行っています。

 インフォコムではこの日本初のWebRTCのカンファレンスでも実行委員として参加し、Webアプリやモバイルアプリでの利用に加え、IoT(Internet of Things)分野での活用を推進し、WebRTC技術の可能性を追求します。

【WebRTC Conference Japanについて】

WebRTCの現状と可能性について、技術的な観点だけではなく、ビジネス的な観点からも存分に学べる場を目指すイベントです。

・名 称  :WebRTC Conference Japan
・Webサイト:http://webrtcconference.jp/
・日程   :2015年2月5日(木)、6日(金)
・開催地  :ソラシティ カンファレンスセンター 2F
 JR御茶ノ水駅徒歩1分・東京メトロ新御茶ノ水駅直結
・参加人数 :有料参加者200名 協賛社、講演者など関係者100名 合計300名(予定)
・参加費  :一般参加者向け 2dayチケット 32,400円(税込み)

※WebRTC開発者向けの特別チケットを準備中(詳細は後日発表)
※一般参加者には、WebRTC対応ロボット「Romo(注2)」をプレゼント!

【WebRTC Conference Japan実行委員会について】

WebRTC Conference Japan実行委員会は、WebRTCというイノベーティブな技術の認知度・注目度を高めることを目指し、2014年11月4日に設立されました。

■委員長:小松健作(NTTコミュニケーションズ株式会社)

■実行委員
・インフォコム株式会社
・NTTアドバンステクノロジ株式会社
・NTTコミュニケーションズ株式会社
・ジェンバンド・ジャパン合同会社
・セールス・オンデマンド株式会社
・ダイアロジック・ジャパン・インク
・日本オラクル株式会社
・株式会社ニューフォリア

以上

【用語解説】

■WebRTC
Web上でリアルタイムにコミュニケーションを実現するための標準的な技術仕様の一つ。動画や音声の交換を行うことが出来、Webブラウザ内のアプリや、モバイルアプリでの利用が始まっている。効率的に音声/映像を伝えるだけでなく、さまざまなデータ通信にも利用できるため、コミュニケーション分野だけでなく、IoT(Internet of Things)分野での活用にも期待が集まっている。

■Romo
iPhoneなどで動く「体験型のエデュケーショナルロボット」で、誰でも動かすことが出来るロボット。iPhoneアプリが頭脳の役割になり、様々な感情や動きを表現することが可能。

<リリースに関するお問い合わせ先>

インフォコム株式会社 広報・IR室
東京都渋谷区神宮前2-34-17

Tel:03-6866-3160
E-mail:pr@infocom.co.jp
URL:http://www.infocom.co.jp/

※ 本リリースに記載された会社名、サービス名及び製品名等は該当する各社の登録商標または出願中の商標です。