内部統制への対応について

「内部統制」への取り組みは極めて大きなテーマであり、
統合化された業務プロセス管理体制構築が「内部統制」対応への第一歩

内部統制への対応について

証券取引法の改正を中心とした金融商品取引法が2006年6月7日に国会で可決成立しました。
今回成立した金融商品取引法の中には、俗称、「日本版SOX法」や「企業改革法」と呼ばれる条項が含まれています。

これは、企業が企業の利害関係者に対して報告する、財務報告の信頼性を確保するために「内部統制」の遵守を要求したものとなっています。上場企業については、連結ベースの財務報告上、「内部統制」が適切に機能しているのかどうかについて、経営者自らが評価した「内部統制報告書」の提出を求めるものです。

具体的な「内部統制」の「実施基準」については、企業会計審議会内の内部統制部会にて現在策定中であり、実務上の統制についての具体的指針はこれから明らかになりますが、業務プロセスの中で適切な統制が行われ、財務報告が公正妥当なルールによって作成されたことを証明する必要があることから、企業全体として対応を迫られるものとなっています。

また、2006年5月1日に施行された「会社法」では、資本金5億円以上、または負債総額200億円以上の全ての大企業に対して、これまで、委員会設置会社のみに義務化されていた、「内部統制」システムの構築の義務化に踏み切りました。
「会社法」の要求する「内部統制」の要求範囲は広く、金融商品取引法で要求されている財務報告の信頼性確保という範囲を超えた、企業のビジネスプロセス全般について、「内部統制」の体制を構築することが求められています。

このことから、これからの企業活動において「内部統制」への取り組みは極めて大きなテーマであり、
統合化された業務プロセス管理体制を構築することが「内部統制」対応への第一歩であると言えます。

次世代ERP「GRANDIT」では「内部統制」実現の支援ソリューションとして、以下2つの点を挙げています。

GRANDIT内部統制対応について

GRANDIT内部統制コンテンツ

ページの先頭に戻る