承認ワークフロー機能拡張

GRANDIT連携機能 「承認ワークフロー機能拡張」

GRANDIT標準搭載の承認ワークフローが、さらに便利に機能拡張されます。
標準機能の承認ワークフローと同様の使用感で、稟議関連の承認申請にも対応いたします。Excelベースの申請フォームに記載した内容をシステムに取り込む事で、申請内容を自動で起票する事ができるため、二重入力の手間や入力ミスを抑制します。
スマートフォン上でも申請内容を確認して承認処理を行えるため、伝票チェック業務をスムーズに効率化できます。
伝票の承認経路もより細やかな設定が可能となり、申請途中での内容修正にも対応しています。

システム導入前

  • 標準の汎用ワークフローは、様式を定められないため、申請内容を規定に従って都度記載しなくてはならず、入力業務に手間が掛かります。
  • 一度ワークフローを申請すると、修正や追記のたびに差し戻しとなるため、申請者・承認者ともにワークフロー業務に時間を取られてしまいます。
  • 事務所内のクライアントPCでないと承認処理を行う事ができないため、申請・承認処理の為に帰任する必要があります。

システム導入後

利用システム環境

特長

  • 伝票承認に加えて、稟議申請の承認処理に対応。
  • スマートフォンに対応。社外など出先から承認処理が可能。
  • Excel申請様式をアップロードするだけで申請可能。
  • 回付中の申請内容に対して追記・添付が可能。

導入効果

  • 稟議申請をシステム化、GRANDITと連携する事で社内の承認処理を一元管理。
  • 入力の二度手間を抑制し、入力ミスを防ぎます。
  • 情報をローカルに残さない設計のため、セキュアな承認環境を実現
  • 外語対応も可能なため、海外拠点との承認処理も併せてシステム化が可能に。

資料請求・お問い合わせはこちら