継続契約テンプレート

継続契約テンプレート

「会計システムに対して同じ内容で日付だけが違う伝票を何度も入力している・・・」、「売上と仕入を別々に管理している為、一案件で計上のタイミングがズレたり、計上忘れが発生している・・・」、「契約台帳の管理を紙ベースで行っている為、契約の更新の時期や将来の売上げ見込みを把握するのに手間が掛かる・・・」というGRANDIT導入企業の方々の手助けとなるGRANDITのオプションです。
つまり、定期的に発生する一定金額の売上、仕入、振替伝票や契約案件毎に資材、サービスなどの複数件の仕入物件が発生する業務を自動化し、業務支援を実現します。

システム導入前

  • 会計システムに対して同じ内容で日付だけが違う伝票を何度も入力している。
  • 売上と仕入を別々に管理してる為、一案件で計上のタイミングがズレたり、計上忘れが発生している。
  • 契約台帳の管理を紙ベースで行っている為、契約の更新の時期や将来の売上げ見込みを把握するのに手間が掛かる。

システム導入前

  • 台帳DBの中に、顧客との契約情報とその契約に関連する業者との取引情報を紐付けて管理することができます。
  • 月末など任意の締め日に台帳情報を参考にして複数の案件を取りまとめて一括処理します。
  • 一括処理の前に、PC画面に表示される一覧で対象の案件を選択したり、当月のみ臨時で金額を変更することもできます。なお、金額変更に関してはワークフローを使用し、統制環境を実現します。

機能

特長

導入効果

■台帳管理の電子化、一元化

案件単位で売上と仕入を紐付けて電子的に管理

  • 売上、仕入を紐付けて管理することで計上ミスを防ぐことが可能
  • 任意の検索条件で台帳情報の検索が可能になり、契約を更新すべき案件を抽出
  • ワークフロー機能により上長の承認が得られたものだけが台帳として管理され、統制環境を実現
■定常的な業務の自動化

登録された台帳情報を基に自動で会計処理および証票の印刷を実行

  • 複数案件を取りまとめて一括で処理する為、無駄な作業を削減

インフォコムのソリューション

目的別ソリューション

業種別ソリューション

インフォコムのソリューション

  • ERP概論

GRANDIT導入に関するご質問、お問い合せ等は下記までお気軽にご連絡下さい。

03-6866-3680

お問い合せ・資料請求

  • 体験セミナー
  • デモサイト
  • GRANDITメールマガジン