多通貨・多言語対応・マルチカンパニー対応

GRANDITは、Web-ERPやグローバルERPといったコンセプトをベースに、これまでのERPにはない斬新な機能を充実させています。Webをベースにしたからこそ効果的に実現できた機能も含まれます。その中から特長的な機能をいくつかご紹介します。

多言語オプション(英語、中国語)

多多言語、他通貨対応により海外拠点での利用が可能なことに加え、完全Web?ERPであることで海外拠点へのシステム展開も容易になります。
海外グループ拠点を含めたリアルタイム連携を実現することで、生産拠点に留まらない企業のグローバル展開を支援します。

  • GRANDITの画面、帳票上の項目ラベル及びエラーメッセージ等を、ブラウザ(IE)の言語設定に従い 表示いたします。
  • オプション標準として、日本語、英語、中国語の3言語を提供します。
  • 翻訳内容は、言語毎にリソースファイルとして管理。項目ラベルの変更や更なる言語追加にも容易に 対応が可能です。

多言語オプション(英語、中国語)

多言語オプション(英語、中国語)

ページの先頭に戻る

マルチカンパニー/多通貨

現代の企業は、目的別に複数の子会社を持っているケースが増えています。GRANDITは完全Webアプリケーションなので、子会社にブラウザがあるだけでシステムを利用できる利点があります。そこでGRANDITでは、コンピュータセンターや本社にサーバーを設置し、海外子会社も含む複数の会社が利用する形態を前提にして、マルチカンパニーや多通貨機能を完備しています。

ページの先頭に戻る

マルチカンパニー対応

GRANDITでは、同一サーバーに複数企業のデータベースを構築できるようになっています。必要に応じてインスタンスを分離することも可能なので、独立したメンテナンスや重い処理の影響回避も実現できます。

ページの先頭に戻る

多通貨

GRANDITでは、企業ごとに基軸通貨を設定してその通貨での入力が可能です。また、会計や輸出・輸入、経費など多通貨が必要なモジュールで基軸通貨以外の通貨入力を行えるようになっています。

ページの先頭に戻る

外部連携

連結会計パッケージとのデータ連携を実現しています。また、経営データの方は、BI(ビジネスインテリジェンス)を使った企業グループ全体でのデータ分析を想定しています。

外部連携

ページの先頭に戻る

インフォコムのソリューション

目的別ソリューション

業種別ソリューション

インフォコムのソリューション

  • ERP概論

GRANDIT導入に関するご質問、お問い合せ等は下記までお気軽にご連絡下さい。

03-6866-3680

お問い合せ・資料請求

  • 体験セミナー
  • デモサイト
  • GRANDITメールマガジン