完全WebベースのERP

ERPが、長い年月にわたって幅広いユーザーにお使いいただけるためには、しっかりした製品コンセプトを持っていることが重要です。逆に言えば、コンセプトの曖昧な製品は、すぐに時代の潮流に飲み込まれてしまいます。GRANDITは、5つのコンセプトが製品のDNAとなっており、導入いただいたユーザーがいつまでも安心してお使いできるような将来性・発展性の高いERPです。

コンセプト

オフコンベースの統合型業務パッケージの第1世代から、LANの登場とともにC/Sベースの第2世代ERPに移り変わりました。そして、インターネットの登場により、Webベースの第3世代がERPの中心となりましたが、SaaSやクラウドの登場、スマートデバイスの普及により、ビジネス環境が大きく変化。それに伴いEPRに求められる役割が、単なるアプリケーションから企業プラットフォームへと進化をとげています。基幹業務システムは長期間安定して使われるものなので、これから導入する企業では、従来の基幹業務管理機能に加え、クラウド、スマートデバイス対応、さらにグローバル対応などが必須条件となると考えています。このような時代のニーズに応え、GRANDITは、新時代の技術基盤を積極採用。
次世代の企業プラットフォームを目指す、純国産の使いやすいWebベースERPを実現しています。

ページの先頭に戻る

完全Webベースの次世代ERP

「GRANDIT」は、Webベースで作成された中堅・大企業向けの次世代型企業プラットフォームです。
下図のようにERPは、汎用機・オフコン時代の統合型基幹業務システムから、クライアント/サーバーベースの第2世代を経て、インターネットベースの第3世代を経て、クラウド、スマートデバイス対応、さらにグローバル対応が可能な企業プラットフォームへと進化しています。
「GRANDIT」はASP.NETとSQL Serverの組み合わせで、操作性の高いWebアプリケーションを実現した日本初のWeb-ERP。新時代の技術基盤を積極採用し、次世代の企業プラットフォームへと進化を遂げています。

ERPにおける世代交代