オールインワンERP

ERPが、長い年月にわたって幅広いユーザーにお使いいただけるためには、しっかりした製品コンセプトを持っていることが重要です。逆に言えば、コンセプトの曖昧な製品は、すぐに時代の潮流に飲み込まれてしまいます。GRANDITは、5つのコンセプトが製品のDNAとなっており、導入いただいたユーザーがいつまでも安心してお使いできるような将来性・発展性の高いERPです。

コンセプト

従来のERPは、それまでに登場していた会計、販売管理、生産管理、人事・給与などの業務システムを統合したものでした。
しかし、インターネット時代の到来とともに、それを取り巻く周辺システムとして、BI(ビジネスインテリジェンス)、電子承認、EC、CRM/SRM、SFAなどが次々と登場しています。その結果、従来のERPでは狭い業務システムの範囲内は省力化が実現できるものの、現代企業に必要なこれらの機能を効率的に統合できない問題点が明らかになっています。
そこで、GRANDITでは、現代におけるERPのあるべき姿という観点から、オールインワンERPという新たな発想を実現しました。ERPを中心にし、その周囲に新たな業務機能を理想的な構成で統合して実装しています。最初から一緒に設計することにより、無駄のない統合が図れています。

ページの先頭に戻る

オールインワンERP

第2世代ERPは、会計や販売、製造、給与など、いわゆる基幹業務を統合してエンタープライズ(企業)レベルの業務効率を向上したものでした。しかし、インターネットの登場により、周辺にECやCRM、SFA、電子承認、BI(ビジネスインテリジェンス)など、ネット技術を中心とした新しい業務ニーズが続々と登場しました。その結果、せっかく基幹業務を統合したのに、その外側で非効率な連携作業や二重処理が発生してしまいました。今や狭い基幹業務だけを統合すれば済むという時代ではなくなっているのです。

「GRANDIT」は、第3世代ERPの先駆製品として、これら時代ニーズとともに登場した周辺機能までを統合した「オールインワンERP」という新しい発想を実現しています。下図のようにネット技術ベース同士の親和性の良さを最大限に利用して、ECやEDI、BI(ビジネスインテリジェンス)、電子承認なども統合したERPなのです。これらの機能は各モジュールに完全統合されているので、追加オプション費用なども不要です。

狭義のERPから「オールインワンERP」へ