機能紹介

基幹業務の枠を超えた統合型 適応業務が広く、段階的導入も可能

「GRANDIT」は、製造業や流通業、サービス業など幅広い業界に柔軟に適応できます。下図のように「経理」「債権管理」「債務管理」「販売管理」「調達・在庫管理」「製造管理」「経費管理」「資産管理」「給与」「人事」の10モジュールから構成されています。最初から理想を考えて設計されており、マスタの一元管理とデータのターンアラウンドというERPの基本的な統合を完全に実現しています。

各モジュールは、部分導入や段階的導入ができるように配慮してあるので、ユーザーの状況に応じて柔軟な導入が可能です。外部システムとのインターフェースも充実していますので、最初に経理システム、次に販売管理、続いて製造管理というような段階的な導入ができます。

次世代ERP「GRANDIT」モジュール構成

ページの先頭に戻る