グループ導入ノウハウ

今、話題の2層化ERP(2 Tier ERP)は、なにもグローバル対応にだけ有効なソリューションではありません。親会社の基幹ERPシステム(=1層目のERP)をコアに、グループ各社、さらにビジネスの最前線を担う多くの国内拠点へ中堅・中小企業向けのERP(=2層目のERP)を展開。それぞれをシームレスに統合する2層化ERPにも有効です。 そんな業務基盤の全体最適化を図るアプローチに、「GRANDIT®」がお役に立ちます。

機能全部入りのWebベースERP

初代リリース時よりASP.NETとSQL Serverの組み合わせで、基幹システムのWebベース化を提案してきた「GRANDIT®」は、会計、販売管理、製造管理、人事・給与…などの基幹システムに統合される業務だけでなく、BI(ビジネスインテリジェンス)、電子承認、EC、CRM/SRM、SFAなど、周辺システムまで標準搭載。機能全部入りの、真のオールインワンERPパッケージです。

複数拠点への横展開でコスト削減

グループ各社や営業所などの国内拠点に「GRANDIT®」を展開することで、初期導入&運用コストを抑制し、拠点ごとの事業規模に最適なシステム環境へと導きます。1層目のコアERPが「GRANDIT®」とは異なる製品が導入されていても、全く問題はありません。中堅・中小企業にもジャストフィットする親和性も高い「GRANDIT®」ならではの強みです。

必要な機能 内容
部門別管理の徹底 部門別 P/Lだけでなく、部門別 B/S、社内受発注や社内売買、部門別与信などの機能を装備
マルチカンパニー 複数会社間の連携、国内だけでなく海外子会社も含めたグローバルな運用
多通貨対応 会計だけでなく、販売・調達・輸出入なども含めたパッケージ全体での多通貨対応
柔軟な分析機能複数組織図 BI(ビジネスインテリジェンス)による多次元機能と自由設定可能なカテゴリ/セグメント管理によりさまざまな角度で分析データを提供。また、複数組織図における分析機能も完備。
組織変更 組織変更対応により、もはや定型業務の一部とまでなった変更作業をスムーズに実現
桁数・データ数の最大値 金額や数量の桁数、組織の階層数、無制限のマスタデータ数など超大規模な企業でも十分な値を用意
柔軟な分析機能複数組織図 大量データ、同時アクセスユーザーを想定した高パフォーマンスアーキテクチャの実装

企業に必須の機能を厳選搭載

使いもしない機能がむやみに搭載されていても仕方ありません。また、日本の商習慣にマッチしない機能ばかり揃っていても意味がありません。「GRANDIT®」は、部門別管理の徹底、マルチカンパニー、多通貨対応、多彩な分析機能、組織変更対応、桁数・データ数の最大値確保、大量データ・同時アクセスユーザーの想定など、企業向けに厳選した多彩な機能を搭載しています。

外部システムやデータと自由に連携

また、「GRANDIT®」は連結会計パッケージとのデータ連携を実現しています。さらに、経営データに関しては、BI(ビジネスインテリジェンス)を使った企業グループ全体でのデータ分析が可能。スピーディかつスマートな経営の実現に貢献します。

中堅・中小企業にもジャストフィット

同時に、「GRANDIT®」には不要な機能を隠す「機能ビハインド」やユーザーがメニューを自由に変更できる「マイメニュー」といった機能を用意。2層化ERPにおいて、1層目のコアERPにも、2層目のグループ会社や多拠点の基幹業務基盤にも、柔軟に対応する水平スケーラビリティの高さを有しています。

国内の商習慣を意識して機能化

使われないような機能も数多く実装された総花式のERPで、苦汁をなめた経験がおありかもしれません。「GRANDIT®」は純国産パッケージとして、日本の様々な商習慣に柔軟に対応。例えば、締日請求/支払や手形管理といった日本特有の商習慣をフォローし、どの企業でも使われないような機能は盛り込んでいません。国内業務への適合を最優先したERPです。

100%純国産ERPだからこそ

そもそも「GRANDIT®」は、大手SIerがコンソーシアム方式により開発した、純国産ERPパッケージ。日本の商習慣や業務プロセスを知り尽くした大手SIerの技術とノウハウ、経験を結集した、日本の企業のための真のソリューションです。

10領域の基本業務を網羅

「GRANDIT®」は、「経理」「債権管理」「債務管理」「販売管理」「調達・在庫管理」「製造管理」「経費管理」「資産管理」「給与」「人事」の10モジュールから構成。最初からマスタの一元管理とデータのターンアラウンドというERPの基本的な統合を完全に実現しています。

計画的なステップアップも実現

各モジュールは部分導入や段階的導入ができるように配慮。外部システムとのインターフェースも充実しているため、最初に経理モジュール、次に販売管理、続いて製造管理というような段階的な導入も可能など、お客様の状況に応じて柔軟な導入やリプレイスでお応えします。